本文へスキップ

TEL. 0829-72-1185

〒738-0222 広島県廿日市市津田850




女子硬式野球部GIRLS BASEBALL


(新ユニフォーム 令和2年7月)

初心者大歓迎!!下宿もあります。
県外からの受検も可能です。
※活動の詳細はFACE BOOKで公開しています
 はコチラ

練習見学,下宿見学はいつでも受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。
学校TEL:0829-72-1185
代表アドレス:saeki-h@hiroshima-c.ed.jp



中学校の先生方へ 入部体験会依頼文
生徒・保護者の皆さんへ 入部体験会案内

1.プロフィール

活動理念
【基本理念】 
佐伯高校女子硬式野球部は、『日本で一番成長できる女子野球部』を目指し、選手一人一人の「成長」と「幸せ」を第一とした教育活動に取り組んでいます。
※活動の詳細はこちらの資料をご覧ください。
 (R2女子野球部活動紹介
1 使命
(1)応援してくださる全ての人に元気と勇気を届ける
 私たちは本当に沢山の方々に支えられて野球をすることができています。その御支援に報いるためにも、選手一人一人が元気と笑顔に溢れ、生き生きと野球に打ち込む姿をお見せすることで、応援してくださる全ての人に元気と勇気を届けます。

(2)野球が大好きな女子なら誰でも高校で野球ができる社会づくり
 野球は男性だけのスポーツではないはずなのに、高校で女子が野球をすることは、まだまだ一般的には普及していません。私たちはどこにでもある普通の公立高校として、野球が大好きな女子なら誰でも高校で野球ができる社会づくりに貢献します。
 
【全体ミーティング】      【練習後のミーティング】


【個人メニューの例】毎試合後に選手個人が考案
2 目的
 私たちが野球をする「目的」は、選手一人一人が自ら学び、自ら考え、自ら行動し、周囲と協力しながら自ら社会の変革を担っていく力を身に付け、良識ある立派な社会人へと成長することです。
 そのために、私たちは「選手が自分の頭で考え、行動する」という選手主体の活動に取り組んでいます。(※詳細は下の「活動紹介」を参照してください)
 もちろん、上手くいかないことも多いですが、選手たち自身が失敗を繰り返しながらも改善に取り組み、成長を続けています。
 
【選手の「社会人基礎力」成長の例】

3 目標
 私たちの「目標」は、もちろん公立高校初の全国制覇です。まだまだ実力は足りませんが、チームの組織力と最後まで諦めないしぶとさではどこにも負けない自信があります。
 まずは全国大会勝利へ向けて、個のレベルアップを果たし、チーム一丸となって頑張ってまいります。


チームカラ

いつでも笑顔が絶えない『元気』と、最後まで諦めない『しぶとさ』ではどこにも負けないチームです。選手が主体的に活動しているからこそ、皆が野球を心からのびのびと楽しんでいます。
 決して野球が上手な子たちが集まっているわけではありませんが、みんな野球が大好きで、野球を通して自分を成長させたい、チームを強くしたい、私学強豪校を倒したいという思いに溢れています。

活動場所・活動時間

・本校グラウンド・佐伯総合スポーツ公園(廿日市市津田545)
・平日 16:00~19:00(全体練習)、19:00~(自主練習)
・休日 9:00~13:00(全体練習)、13:00~(自主練習)
 ※スポーツ庁のガイドラインに従い、原則として平日1日、休日1日を部活動休養日にしています。
 ※夏季、冬季、春季にそれぞれ1~2週間のリフレッシュ期間・帰省期間を設けています。





2.お知らせ

3年生の引退試合を行いました。
中止となった全国大会に替わる節目をということで、8月4日と7日に3年生の引退試合・引退セレモニーを行いました。
 これまでなかなか結果を出すことができずにいましたが、引退試合では島根中央高校さんを相手に5-3で勝利することができました。負け続けてきたチームが最後の最後に勝利を手にすることができ、選手も皆嬉し涙を流していました。勝って引退することができたのは、コロナ禍がなければできなかったことかもしれません。
 両日ともにたくさんの観客、保護者、在校生、教職員、行政の方、地域の方々に応援していただき、本当にたくさんの方々に支えられていることを改めて感じました。

 「応援していただいている方々に勇気と元気を届ける」

そのためにも、佐伯高校女子野球部はこれからも成長を続けてまいります。3年生、そして保護者の皆様、2年半本当にお疲れさまでした!
 


試合用ユニフォームの変更について 
この度試合用ユニフォームを変更いたしました。これまでのユニフォームは当初近隣校との連合チームで全国大会に出場した際に急ごしらえで作成したものでしたので、活動が軌道に乗ってきた今、改めて本格的な試合用ユニフォームをつくることになりました。
 デザイン等は選手たちが保護者や地域の方、教職員からの意見を踏まえて決定したものです。これまで先輩たちがつくりあげてきた伝統を大切にしながら、これから何十年と続く新たな伝統を築き上げることができるよう、今後も活動をより発展させてまいります。これからもよろしくお願いします。



令和2年度全国高等学校女子硬式野球選手権大会の中止について

  令和2年7月に開幕予定だった全国高等学校女子硬式野球選手権大会は,新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から中止となりました。なお,10月に女子高野連主催による代替大会が予定されています。
 3年生は最後の大会で成果を見せる機会を失ってしまいましたが,これまでの活動の中で得たものや,成長してきたという実感を失うことはありません。3年生はショックを当初受けてはいましたが,今はしっかり気持ちを切り替えられているようです。
 今後の活動について3年生全員で話し合った結果,1学期末にいったん引退試合(自主大会もしくは招待試合)を設けて一区切りとし,各自の進路の状況も踏まえて10月の代替大会へは希望者のみが参加することになりました。
 これから引退までの2か月、単なる思い出づくりに終わらぬよう,最後まで自分を成長させ,チームとして強くなることを目指し,仲間たちとともに野球に打ち込んでまいります。今後とも変わらぬ応援をよろしくお願いします。





3.活動紹介 (詳細はこちら

【主体的活動】
 選手は部内組織(練習計画部、研究学習部、環境管理部、企画広報部、礼儀生活部)に属し、それぞれのグループで練習メニューの考案や活動の運営、研究成果の共有やデータ分析,各種イベントなどの企画,広報活動の企画,部内の相互教育に取り組んでいます。
 定期的な主任会議で基本的な方向性や情報共有を行い,全体ミーティングで意思決定を行います。また,練習前後のミーティングでは,練習の目標を立てて結果を分析し,次の練習へ向けて改善案などについて話し合います。
【試合・遠征】
 土日祝日は基本的に地元の中学硬式野球チームなどと練習試合をします。
 また,定期的に九州や四国,関西方面へ遠征し,他の女子硬式野球チームと試合をします。
 春夏の全国大会に加え,秋の西日本大会など地方大会にも参加します。
【貢献活動】
 平日は毎朝貢献活動を行います。内容は管理部を中心に選手たちが自ら企画・工夫し,清掃活動や挨拶運動はもちろん,地域住民の手伝いや公共施設でのボランティアなどを行っています。
 「社会の役に立つこと」を選手主体で考え,様々な形で学校や地域に貢献しています。
【学習活動】
 勉強も大切にしています。平日でも個人的に大学入試へ向けた補習に参加するなど,進路意識も高めています。試験週間はもちろん毎日勉強します。教育部を中心に勉強会なども開き,選手同士が教え合いながら,しっかり勉強します。
【レクリエーション】
 時には息抜きも必要です。天候などの影響でグラウンドが使用できない時は,トレーニングも兼ねて他球技やダンスなどにも取り組みます。
 また,企画広報部を中心に大会前の壮行会や新入生の歓迎会,3年生の慰労会なども企画します。
 こうした活動を通してリフレッシュするとともに,選手同士の絆も深められています。




4.スタッフ紹介

監督:犬塚慧
経歴:宮崎県立泉ヶ丘高等学校卒
   広島大学総合科学部卒
   広島大学大学院総合科学研究科卒
   広島県立廿日市西高等学校勤務(野球部監督)
   2016年より現職
指導方針:野球の指導を通し,10年後20年後の未来に必要とされる資質や能力を備えた人材を育てたいと考えています。そのためにも,古い常識や慣習にとらわれず,選手の成長とやりがいを第一にした指導を行っています。現在は「選手の主体性をいかに引き出すか」,「選手の戦略的学習力をどう伸ばすか」,「選手1人1人の能力や人間力を最大化するためにどのように指導を個別化するか」といった課題意識で日々の指導に取り組んでいます。


部長:田中駿希
紹介:令和2年度より新たに赴任しました。これまでの野球経験を活かし,選手の成長を監督とともにサポートしてまいります。

副部長:松井麻紀子
紹介:養護教諭を務めています。選手の心身のケアとともに,下宿生活などもサポートしています。

副部長:木下明恵
紹介:国語科教諭を務めています。松井先生とともに選手の悩みや相談にのりながら,下宿生活のサポートをしています。

コーチ:松本庸平
経歴:宮島工業高校やクラブチームで監督・コーチを歴任
   2012年より野球塾「球猿」創立(https://www.steelyowl.net/)


トレーナー:後藤将二
経歴:広島カープトレーナー(2000~2013)
   女子プロゴルフツアー帯同トレーナー
   男子プロゴルフツアー帯同トレーナー
   中国電力ラグビー部トレーナー
   2018年よりマナ治療院を開院(http://www.g-plus.love/




広島県立佐伯高等学校

〒738-0222
広島県廿日市市津田850

TEL 0829-72-1185(8:25~16:55)
FAX 0829-72-0424